スポンサーリンク

【大手5社を徹底比較】コンビニフランチャイズで独立起業を目指せ!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

フランチャイズ事業と聞いて、真っ先に思い浮かぶ業種が「コンビニエンスストア」という方は比較的多いはずです。

 

その役割は食料品から日用品、雑貨まで生活に必要なものを手に入れることができる通常の役割だけに留まりません。

 

行政サービスの代行や地域の安全・安心を守る街づくりへの貢献、被災時の物資供給スポットとしての役割等、今の日本での存在感は増すばかりです。

 

otama
otama

そんなコンビニ業界へいざ飛び込もうと考えているあなたに、コンビニフランチャイズでの起業の要点と大手5社の比較についてお伝えしていきます。

 

 

スポンサーリンク

コンビニフランチャイズの要点

どのコンビニも、それぞれの独自性・個性を出しており、フランチャイズ本部としての実績も堂々たるものです。

 

特に今回紹介する5社については、他社との差別化を図りつつ、抜群の知名度を誇りますので、フランチャイズ事業の最大メリットであるブランド力による恩恵は非常に大きいものとなります。

 

さらに、フランチャイズの代表格とまで言われるコンビニです。

 

属する加盟店の数も他フランチャイズと比べ群を抜いているため、そこから蓄積される経営ノウハウの量・質は他業界を圧倒します。

 

一方、それだけのメリットを加盟店は受ける事ができるため、全体的に開業費・ロイヤリティは比較的高い傾向にあります。

 

 

つまり、コンビニ業界で成功を収めるには、オープニングコスト(加盟時必要費用)とランニングコスト(ロイヤリティ)が抑えられているか、又はメリットとのバランスが取れているかが最大のポイントとなります。

 

otama
otama

そこで次からは、大手コンビニ5社の基本情報と加盟時必要費用・ロイヤリティについて徹底比較していきますので、コンビニで独立・起業を検討している方は参考にしてみて下さい。

 

さらに詳細な情報を入手したい場合は、フランチャイズ比較サイト【BMフランチャイズ】で気になるコンビニフランチャイズ本部の資料の請求をしてみて下さい。

 

ここで請求できるのは無料の資料ですが、<手に入れないと損!>と思えるほどの価値ある情報が盛り沢山です。

 

 

フランチャイズ本部を選ぶ際のポイントを↓の記事でも紹介していますので合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

セブンイレブン

コンビニ業界のトップをひた走る「セブンイレブン」。

 

プライベートブランドである「セブンプレミアム」は、手頃な価格帯であることは当然ながら、高品質であることを最重要ポイントと位置づけ、その集大成である「セブンプレミアムゴールド」を展開し、高い評価を得ています。

 

otama
otama

この高品質とスローガンである「近くて便利」を追求し、地域に無くてはならない最強ビッグブランドとしての地位を確立しています。

 

基本データ

otama
otama

業績順位(コンビニ業)

第1位/5社中

 

加盟時必要費用

otama
otama

加盟時費用の安さ

同率第3位/5社中

※店舗(土地・建物)をセブンイレブン本部が用意するタイプ(Cタイプ)では、開業準備手数料が500,000円となり合計2,500,000円(同率第2位/5社中)となります。

 

ロイヤリティ(毎月支払い)

【Aタイプ】店舗(土地・建物)を加盟者が用意

 基準となる数値

➡ 粗利益(売上-原価)

 

・24時間営業店舗の場合

粗利益×43%

 

・24時間営業以外の店舗

粗利益×45%

 

【Cタイプ】店舗(土地・建物)を本部が用意

 基準となる数値

➡ 粗利益(売上-原価)

 

otama
otama

粗利益の金額ゾーンに応じて乗じるロイヤリティ率が変わります。

 

・粗利益0万円以上250万円以下の部分

粗利益×56%

 

・粗利益250万円超400万円以下の部分

粗利益×66%

 

・粗利益400万円超550万円以下の部分

粗利益×71%

 

・粗利益500万円超の部分

粗利益×76%

 

※24時間営業の場合は、上記ロイヤリティ率からー2%のディスカウント有り

 

otama
otama

ロイヤリティの安さ

第5位/5社中

スポンサーリンク

ファミリーマート

「あなたと、コンビに、ファミリーマート」でお馴染みのファミリーマート。

 

平成28年にはユニーグループとの経営統合により、ローソンを抜き業界2位のコンビニメーカーへと躍り出ています。

 

otama
otama

ファミリーマートの名のごとく、他企業のとの業務提携・ファミリー化により、常に新しいサービスを顧客へと提供しようとする攻めの戦略が特徴です。

 

基本データ

otama
otama

業績順位(コンビニ業)

第2位/5社中

 

加盟時必要費用

otama
otama

加盟時費用の安さ

同率第3位/5社中

 

ロイヤリティ

【1FC-B契約】店舗(土地・建物)を加盟者が用意

 基準となる数値

➡ 粗利益(売上-原価)

 

otama
otama

粗利益の金額ゾーンに応じて乗じるロイヤリティ率が変わります。

 

・粗利益0万円以上250万円以下の部分

粗利益×52%

 

・粗利益250万円超350万円以下の部分

粗利益×42%

 

・粗利益350万円超の部分

粗利益×39%

 

【2FC-N契約】店舗(土地・建物)を本部が用意

 基準となる数値

➡ 粗利益(売上-原価)

 

otama
otama

粗利益の金額ゾーンに応じて乗じるロイヤリティ率が変わります。

 

・粗利益0万円以上300万円以下の部分

粗利益×59%

 

・粗利益300万円超550万円以下の部分

粗利益×63%

・粗利益550万円超の部分

粗利益×69%

 

otama
otama

ロイヤリティの安さ

第4位/5社中

スポンサーリンク

ローソン

「みんなと暮らすマチ」つまり地域に無くてはならない存在であることをスローガンに掲げ、業界3位としての存在感を示し続けているローソン。

 

健康に関して特に力を入れており、通常のローソンの他にも美と健康をサポートする「ナチュラルローソン」、生鮮食品にこだわった「ローソン100」と店舗ごとに特徴を出した展開をしています。

 

otama
otama

この顧客ターゲットに対してピンポイントにサービスを提供するスタンスはローソンの大きな強みです。

 

基本データ

otama
otama

業績順位(コンビニ業)

第3位/5社中

 

加盟時必要費用

otama
otama

加盟時費用の安さ

第1位/5社中

 

ロイヤリティ

【Bn契約】店舗(土地・建物)を加盟者が用意

 基準となる数値

➡ 粗利益(売上-原価)

 

otama
otama

粗利益の金額ゾーンに応じて乗じるロイヤリティ率が変わります。

 

・粗利益0万円以上300万円以下の部分

粗利益×41%

 

・粗利益300万円超450万円以下の部分

粗利益×36%

 

・粗利益450万円超600万円以下の部分

粗利益×31%

 

・粗利益600万円超の部分

粗利益×21%

 

【Cn契約】店舗(土地・建物)を本部が用意

基準となる数値

➡ 粗利益(売上-原価)

 

otama
otama

粗利益の金額ゾーンに応じて乗じるロイヤリティ率が変わります。

 

・粗利益0万円以上300万円以下の部分

粗利益×45%

 

・粗利益300万円超450万円以下の部分

粗利益×70%

 

・粗利益450万円超の部分

粗利益×60%

 

otama
otama

ロイヤリティの安さ

第3位/5社中

スポンサーリンク

ミニストップ

「おいしさ」と「便利さ」をもって社会を笑顔にするスローガンのとおり、コンビニとファストフード店を組みわせたコンビストアの展開により他社との差別化を図っています。

 

業績としては上位3社(セブン・ファミマ・ローソン)には及びませんが、「ハロハロ」や「ホットスナック」を中心にファストフードの人気は根強くあります。

 

otama
otama

ファストフードのファンが固定客となってくれるといったメリットを受けることができますね。

 

基本データ

otama
otama

業績順位(コンビニ業)

第4位/5社中

 

加盟時必要費用

otama
otama

加盟時費用安さ

第2位/5社中

 

ロイヤリティ

【SLタイプ】店舗(土地・建物)を加盟者が用意

基準となる数値

➡ 粗利益(売上-原価)

 

・24時間営業店舗の場合

粗利益×33%

 

・24時間営業以外の店舗

粗利益×36%

 

【CLタイプ】店舗(土地・建物)を本部が用意

基準となる数値

➡ 粗利益(売上-原価)

 

otama
otama

粗利益の金額ゾーンに応じて乗じるロイヤリティ率が変わります。

 

・粗利益0万円以上360万円以下の部分

粗利益×36%

 

・粗利益360万円超の部分

粗利益×58%

 

otama
otama

ロイヤリティの安さ

第1位/5社中

スポンサーリンク

デイリーヤマザキ

山崎製パングループのコンビニであるデイリーヤマザキの最大の特徴はもちろん、店内設置の厨房で作られた「焼き立てパン」でしょう。

 

コンビニとパン屋のコンビストアとしての展開により差別化を図っており、根強い固定客を獲得しています。

 

otama
otama

ミニストップと同様に自社の強みをしっかりと理解しており、戦略によっては上位コンビニ以上の爆発力も期待できます。

 

基本データ

otama
otama

業績順位(コンビニ業)

第5位/5社中

 

加盟時必要費用

otama
otama

加盟時必要費用

第5位/5社中

 

ロイヤリティ

店舗(土地・建物)を加盟者が用意

基準となる数値

➡ 粗利益(売上-原価)

 

otama
otama

粗利益の金額ゾーンに応じて乗じるロイヤリティ率が変わります。

 

・粗利益0万円以上500万円以下の部分

粗利益×30%

 

・粗利益500万円超の部分

粗利益×23%

 

※「デイリーホット商品」の粗利益には一律18%のロイヤリティ率が乗じられます。

 

店舗(土地・建物)を本部が用意

基準となる数値

➡ 粗利益(売上-原価)

 

otama
otama

粗利益の金額ゾーンに応じて乗じるロイヤリティ率が変わります。

 

・粗利益0万円以上250万円以下の部分

粗利益×40%

 

・粗利益250万円超360万円以下の部分

粗利益×55%

 

・粗利益360万円超の部分

粗利益×65%

 

※「デイリーホット商品」の粗利益には一律27%のロイヤリティ率が乗じられます。

 

otama
otama

ロイヤリティ安さ

第2位/5社中

スポンサーリンク

まとめ

今回は、コンビニフランチャイズでの起業の参考として、コンビニ大手5社の基本情報と最重要ポイントである加盟時費用・ロイヤリティを中心に比較・解説しました。

 

各項目の順位はこちら↓

 

圧倒的なブランド力を武器に集客力を軸とするセブンイレブン、ファミリーマート。

 

全てのバランスが高水準で備わっているローソン。

 

ブランド力では劣るものの独自性+維持コストの安さを備えるミニストップ、デイリーヤマザキ。

 

それぞれのコンビニフランチャイズに長所・短所があり、それをどう捉え何を最重要ポイントと置くかは人それぞれですが、今回の情報があなたのコンビニフランチャイズ本部選びの一助になれば幸いです。

 

なお、今回紹介したのは、あくまでポイントとなる部分のみです。

 

これがすべてではありませんので、決してこの記事の情報だけで本部を決めないで下さい。

 

otama
otama

+αの情報としてフランチャイズ比較サイト【BMフランチャイズ】で資料の請求をしてみて下さい。

 

無料の資料ですが、そのフランチャイズ本部の知っておくべき情報が盛沢山です。

 

焦る必要はありません。

 

otama
otama

人生を委ねるフランチャイズ本部を決めるのは、資料に目を通してからでも遅くはありませんよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました