スポンサーリンク

【フランチャイズ起業】業種の種類・特長と業種を決める3つのポイント

スポンサーリンク


スポンサーリンク

フランチズ事業には<どんな業種>があって、<どんな業種>で起業するのがベストなのか知っていますか?

 

otama
otama

今回はフランチャイズでの起業を目指すにあたって、その業種の種類・特長と業種を決める3つのポイントをお伝えします。

 

自分に最も合う業種を選択し、事業成功の可能性を1%でも引き上げましょう!

 

 

スポンサーリンク

業種の種類と特長

飲食

主要事業

居酒屋、ラーメン屋、カフェレストラン、弁当屋

 

特  長

利益率が高い事業が多く、粗利益(売上ー原価)の平均値は70%超となっている。

人件費や販促費をしっかりとコントロールすることで確実な利益を確保できる。

 

小売

主要事業

コンビニエンスストア、リサイクルショップ

 

特  長

代表格であるコンビニエンスストアは、地域のインフラとしての地位を確立しており、景気の波に左右されにくい安定性を持っている。

他業種と比較して、必要とする開業資金が少ない。

 

介護・福祉

主要事業

介護、訪問介護、デイサービス

 

特  長

超高齢化社会となっている日本において、まだまだ大きなビジネスチャンスを含んでいる業界。

10年後には団塊の世代800万人が後期高齢者に加わることで更なる市場拡大が予想される。

 

教育

主要事業

学習塾、個別指導、幼児教育スクール

 

特  長

市場は現在進行形で拡大を続けており約1兆円規模にまで到達している。

世帯あたりの子どもの数が減った事と、共働きの世帯が増加したことで、子ども一人あたりに掛けられる教育費が上がっており、今後の成長も大いに期待できる。

 

リペア・クリーニング

主要事業

クリーニング、ハウスクリーニング、修理店

 

特  長

今や社会は、消費する社会から修理して使いまわす循環型の社会へと転換してきている。

大規模な店舗や設備を持つ必要がなく、人手や材料等の仕入れも少なくて済むため、一人でも開業でき且つ高い利益率を確保できる。

 

otama
otama

フランチャイズ比較サイト【BMフランチャイズ】では、業種ごとにおすすめのフランチャイズ本部が検索できます。

 

同じ業種でも経営スタイルや方針、仕組み等が全く違うこともあるため、完全に起業する業種が決まってなくても、一度は見てみることをオススメします。

 

資料も無料で請求できるので積極的に試してみて下さい。

スポンサーリンク

経験ある分野を選ぶ

フランチャイズ事業は、本部から経営のノウハウや手厚いサポートを受けられるため、未経験者でも高い確率で事業を成功させることができます。

 

otama
otama

ですが、自身の前職と同職であったり、これまでに経験したことのある業種であった方が絶対にいいです。

 

これまで自身が培ってきた経験、技術、人脈とフランチャイズの経営ノウハウを上手く融合させることができれば爆発的な相乗効果を生み出すことができます。

 

とはいえ、中には「前職は自分に合っていなかった」「前職で特に際立った成果を上げていない」という人もいるでしょう。

 

otama
otama

そんな人は、過去の成功ばかりを自分の強みと考えるのは止めましょう。

 

例え前職での経験に自信が持てないとしても、そこで得た経験値は確実にあなたの血肉となっています。

 

これまで経験してきた業種で起業するなんて「モチベーションが保てない」「1秒たりとも働くことができない」くらいの絶望的にネガティブな状態でなければ、まずは経験業種から探ってみるべきです。

スポンサーリンク

自分の強みが活きる分野を選ぶ

自分の強み・長所にマッチした業種を選ぶようにしましょう。

 

otama
otama

自分がどのような分野で最も力を発揮することができるのかを考えてみて下さい。

 

例えば、営業職のような自分を前面に出すような仕事は苦手だけど、地道な作業は得意ですといった人が、商品を訪問販売するような事業を始めても成功を収められるでしょうか?

 

otama
otama

完全にアンマッチな業種選択は失敗への一本道です

 

この場合は、得意分野である作業色の強いクリーニング店だったり、リペア・修理店のフランチャイズ事業を選択することが成功への近道となります。

 

苦手な分野だけど、「人気業種だから」「儲かるから」という理由で業種を決めてしまうと、将来どこかで壁にぶち当たります。

 

それよりも、得意分野で利益を出す方法、業種を選択するほうが効率的且つ精神衛生上も良いはずです。

スポンサーリンク

市場に将来性のある分野を選ぶ

otama
otama

個人的には、業種の選択において最も大事なポイントだと思っています。

 

その業種が属する業界市場が現在どんな状況なのか、また将来的にどうなりそうなのかといった予測は業種選択において重要なファクターとなります。

 

業界市場を分析するために考えないといけないポイントはこちら↓

 

社会動向と人口推移

日本の状況として、よく耳にするのは、ご存知の通り「少子高齢化の加速」「人口の減少」です。

 

高齢者が多くなり、子ども減っていき、人口もどんどん減っていく日本。

 

otama
otama

これがどのように各事業に影響を及ぼすのかを考えてみましょう。

 

シンプルに考えれば↓

 

高齢者が多い

・福祉・介護サービス業のニーズが高まる。

 

子どもが減る

・教育業界は先細り。

 

人口が減る

・同業の中でも差別化を図らないと生き残れない。

 

こんなところでしょうか。

 

人口の減少による影響の読み取りとしては問題ないと思います。

 

ですが、高齢者の増加と子どもの減少という将来的な動向には、もう一歩深く読みを働かせてみて下さい。

 

福祉・介護サービス事業

高齢者の増加に伴い、需要が伸びるという考えも間違えではありません。

 

ですが、介護にかかわる事業が税金(補助金)を原資とした事業であることを前提として考えると、人口の減少により国の税収が減少する=介護・福祉の財源は先細りとなります。

 

otama
otama

だからといって介護・福祉業界は不味いというわけではありません。

 

何度も言いますが高齢者が増えることで需要が増すのは間違いのない事実です。

 

つまり、似たり寄ったりの介護事業をやっていても収益は減る一方ですが、独自性・差別化を図れているフランチャイズ本部を選べば独占的に成功を収めることができるということです。

 

教育事業

子どもが少なくなっているという状況は、教育という大きな分類としてはマイナス要因かもしれません。

 

otama
otama

ですが、フランチャイズ事業に多い「学習塾」や「個別指導」は、現在進行形で市場は大きく成長しています。

 

これは、日本人が教育に対して高いウェイトを置いているという民族性であったり、世帯あたりの子供が少なくなったため1人あたりに掛けられる教育費が増加していることが要因だと言われています。

 

このように、どの分野を狙うかは、その市場がどんな要素によって、十年、二十年先も右肩上がり又は堅調に推移するかという見通しをもとに決めることができると良いです。

スポンサーリンク

業種選択の流れ

業種を選択するにあたって大切ポイントを3つ紹介しました。

 

①.経験のある分野を選ぶ

②.自分の強みが活きる分野を選ぶ

③.市場に将来性のある分野を選ぶ

 

この3つを順番にクリアしていくことで、最終的に自分に最も合った業種のフランチャイズ本部を選べるはずです。

 

otama
otama

①と②については、自己分析です。

 

自分自身が持つ「経験」「知識」「強み」を今一度見直してみて、どんな業種でそれが活きてきそうなのかを考えてみて下さい。

 

otama
otama

それが業種選択の土台となり、その土台に③の市場分析を組み合わせることで業種選択が完成します。

 

市場の分析は独学のみではなかなか難しいと思いますが、そこで使えるのがフランチャイズ本部への資料請求です。

 

otama
otama

資料には市場動向を含めた有益な情報が数多く載っています。

 

資料請求にはフランチャイズ比較サイトを利用するのが良いでしょう。

 

フランチャイズ比較サイト【BMフランチャイズ】では、簡単な登録を済ませば、掲載されているフランチャイズ本部の資料が全て無料で請求できます。

 

これで、業種の選択は完了です。

 

ここまで済めば、フランチャイズ独立開業のための準備はグッと前進しているはずです。

 

フランチャイズ起業で成功を収めるためにも、今が踏ん張りどころです。頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました