スポンサーリンク

【風が強く吹いている】オススメの箱根駅伝アニメ・漫画・小説・映画

スポンサーリンク


スポンサーリンク

ランナー必見の箱根駅伝を舞台とした青春ストーリー!

 

 

出典:http://kazetsuyo-anime.com/

スポンサーリンク

あらすじ

高校時代に陸上部で不祥事を起こした天才長距離ランナー蔵原走(カケル)は、陸上競技とは無縁の寛政大学に入学。

 

己の走りへの欲求を持て余している中、かつて陸上強豪校でカケルと同じく天才として注目をされていたが、膝の怪我によりエリート路線から脱落した清瀬灰二(ハイジ)と運命的な出会いを果たす。

 

そして、カケルはハイジの勧誘により、格安学生寮の竹青荘(通称・アオタケ)に入寮することになる。

 

アオタケには、ユーモアあふれる面々がそれぞれの大学生活を送っていたが、突如ハイジから想定外の野望が宣言される。

 

それは、アオタケの10人の学生で、寛政大学駅伝部を発足し、箱根駅伝を走るというものであった。

 

勿論、アオタケの学生はカケル、ハイジを除き、陸上長距離の最高峰箱根駅伝を目指すどころか、ほとんどが走りの素人。絶対嫌だと不満を爆発させるメンバーもいるなか、半ば強制的に始動することとなる。

 

果たして、ハイジの思惑通り、アオタケメンバー改め寛政大学駅伝部は箱根駅伝への扉を開くことが出来るのだろうか?

スポンサーリンク

感想

スポーツ漫画で陸上となると中々に地味になりがちで、サッカーやバスケ、野球に比べると種類が非常に少ないです。

 

管理人も趣味がマラソン、かつて学生時代に陸上をやっていたとい経緯がなければ、本作を見ることはなかったかもしれません。

 

当たりか?はずれか?の半信半疑で漫画レンタルショップで全6巻を借りて読んでみたところ・・・大当たりでした!!

 

箱根駅伝へ出場するにあたっての細かい舞台裏の描写、ほぼ初心者のメンバーたちが日々のトレーニングにより徐々に力をつけていく様子、学生スポーツならではの体育会系ノリや目標に向かっていく真剣な青春模様、見ていて胸がスーッとする感覚を味わうことができます!

 

直木賞作家で原作者の三浦しをんさんは、本作を執筆するにあたり、しっかりと駅伝強豪大学への取材、下調べをじっくりと行ったということなので、この完成度も頷けますね。

 

設定としては、主人公が天才というありがちなものですが、天才ゆえの葛藤もあり、駅伝という1人の力だけではどうしようもないというスポーツ性が、天才と初心者軍団との関係性をしっかりと作りこませるという効果を生み出しています。

 

最初からメンバー全員が一直線に目標に向かうのではなく、弱音をはき、逃げ出し、葛藤があり、それでもそれぞれの思いを抱き、一人ひとりが各々の道筋で答えにたどり着くまでのリアルな人間味溢れる感情に共感を持てるはずです。

 

そして、これは個人的な意見ですが、私、、スポーツ漫画の派手な必殺技とかの類が非常に苦手です(笑)

 

派手さがない故に、初心者集団が1年以内で箱根駅伝出場を目指すという現実では多少無理な設定でも、一人ひとりの人間模様を丁寧に作り込むことにより、現実的な雰囲気をだせてしまうというのは陸上競技を題材とした作品ならではだと思います。

 

読んでみた感じ、誰でも読みやすい作品だとは思いますが、特に学生時代に何かしらのスポーツをやっていた方、特に本作と同じ陸上長距離をやっていた方で、あの頃が懐かしいな~なんて遠い目をされているあなたに是非とも見てほしい!(管理人がまさにソレ(笑)

 

この作品は必ずあなたのハートを暖かく、そして熱くしてくれます!

 

どの媒体から見てみても良いですが、敢えておすすめするとしたら、現在放映中のアニメからスタートして、漫画を経て、それでもまだまだ風を感じたいという方は、小説、映画という流れが良いかと思います!

 

ちなみに私は、漫画⇒小説⇒映画⇒アニメという順でした。(アニメ放映前だったので・・笑

スポンサーリンク

アニメ

2018年10月より放映。

 

アニメ「ハイキュー!!」やアニメ「ボールルームへようこそ」を担当したProduction I.Gが本作のアニメーション制作を手掛けており、本作の正に青春という空気感と躍動感あふれる走りを見事に再現しています!

 

⇓こちらから31日間無料で視聴することが出来ます!

スポンサーリンク

漫画

2007年から「週刊ヤングジャンプ」⇒「月刊ヤングジャンプ」で2009年まで連載。

 

単行本全6巻。

スポンサーリンク

小説

2006年9月に新潮社より刊行。

 

本作の全ての始まりです。

スポンサーリンク

映画

2009年に公開された映画版です!

 

小説、漫画で描かれている世界観を見事に再現しています。

 

映画でよくある原作からの改変ですが、本作でもされているものの、しっかりと1つの作品として落とし込めています。

 

主演は、カケル役で林 遣都さん、ハイジ役でリアルで色々やらかしてしまった小出恵介さん(笑)

 

爽やか、感動、ユニーク、真剣さが確かに伝わってくる良作です!

 

⇓こちらから31日間無料で視聴することが出来ます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました