スポンサーリンク

【押さえておこう】フランチャイズ本部の正しい選び方を徹底解説!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

フランチャイズ事業を始めるには、あなたが加盟店となり、自分に合ったフランチャイズ本部を見つける必要があります。

 

otama
otama

フランチャイズ本部とは、加盟金・ロイヤリティの対価として、あなたに経営のノウハウを与えてくれるビジネスパートナーのことです。

 

 

今回は、フランチャイズ事業において最も大事なフランチャイズ本部の選び方について解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

本部を探す前に業種選び

フランチャイズ本部選びを始める前に、自分がどんな業種で事業を行うべきなのか分析をする必要があります。

 

otama
otama

業種を選ぶポイントは3つあります。

 

①.経験のある分野を選ぶ

②.自分の強みが活きる分野を選ぶ

③.市場に将来性のある分野を選ぶ

 

この3つを順番にクリアしていくことで、最終的に自分に最も合った業種のフランチャイズ本部を選べるはずです。

 

業種選びについては↓の記事に詳しく記載していますので参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

情報収集の開始

otama
otama

どんな業種で事業を始めるか決まったら、次はその業種を扱うフランチャイズ本部の情報を収集していきましょう。

 

資料を請求してみよう

情報収集で最も手っ取り早いのが資料の請求です。

 

資料請求は、フランチャイズ本部の理念や実績、特長等の重要な情報が多く載せられており、情報収集にはもってこいの手段です。

 

加えて資料請求にはもう1つの目的があります。

 

それは、資料を請求してから何日で資料が届いたかをもって「フランチャイズ本部の本気度」を図ることです。

 

もちろん、100%それで判断できるわけではありませんが、少なからず発注を受けてからのレスポンスが早いというのは会社として当たり前に備えていてほしい基準です。

 

フランチャイズ本部もピンきりですので、会社として当たり前の水準かどうかを資料請求というふるいにかけて判断しましょう。

 

otama
otama

判断の目安としては、請求して3日以内に資料が届いたかどうかです。

 

資料が届かなかったフランチャイズ本部はさっさと候補から外しましょう!(GW・お盆・年末年始は除く)

 

otama
otama

資料の請求は、フランチャイズ比較サイト【BMフランチャイズ】がおすすめです。多くのフランチャイズ本部の資料を無料で請求できます。

 

 

資料で見るべきポイント

※ここに記載している内容が資料ですべて網羅されていない場合もあります。

 

otama
otama

その場合は、本部担当との面談時に必ず質問するようにして下さい。

 

経営理念

数字で表れてくる部分ではありませんが、重要な項目です。

 

本部と加盟店が同じ価値観のもと、同じ目線のパートナーとして事業を展開していくことがフランチャイズ事業の基本的なスタンスです。

 

それをないがしろにして「儲かりそうだから」「コストが安いから」等々、淡白な理由でフランチャイズ本部を選んでいるようでは、成功する可能性は大幅に減少するでしょう。

 

事業の理念に共感・腹落としができていれば、事業に対する使命感が生まれ、結果として業績にも良い効果を与えます。

 

otama
otama

数字だけでは測れない、精神的な要素もフランチャイズ起業には重要なんですね。

 

事業年数

フランチャイズ本部の経験が豊富かどうかは事業年数で判断できます。

 

1年、2年程度の事業年数では、フランチャイズ本部としての経験値は不足していると判断されても仕方ないでしょう。

 

otama
otama

少なくとも3年以上の事業年数は必須だと思ってください。

 

加盟店数

現在、日本全国にあるフランチャイズ本部は5000社前後あると言われています。

 

その中には、加盟店が数店舗しかない極小本部から加盟店が1000店舗以上の大手フランチャイズ本部までピンきりです。

 

otama
otama

そんなフランチャイズ本部を加盟店舗数をもって特大・大・中・小の4つのランクに分けてみましょう。

 

ランク(小)

加盟店1~100店舗

 

フランチャイズ事業駆け出しの本部のため、ノウハウの構築も発展途上の場合が多く、サポート体制が不十分な可能性大。

 

ただし、加盟店同士の競合が少なく、上手くいけば営業エリアでの集客を独占できる魅力も有り。

 

ランク(中)

加盟店100~300店舗

 

フランチャイズ本部としての経営ノウハウやサポート体制も徐々に整ってきおり、この規模の本部であればフランチャイズ事業としてのメリットを感じることができます。

 

ランク(大)

加盟店300~1000店舗

 

経営に関するノウハウがしっかりとマニュアルとして固まっているランクです。

 

安定した経営と引き換えに開業費や維持コストが割高なケースも多いですが、事業を成功させるためのフランチャイズ本部としては信頼を置ける規模です。

 

ランク(特大)

加盟店1000店舗以上

 

日本に30社程度しかない巨大規模のフランチャイズ本部です。

 

otama
otama

大手コンビニエンスストアやバーガーのファストフード店等が代表的ですね。

 

このクラスになると、素人が参入しても問題ないレベルのサポート体制が整っています。

 

当然その分の高いコストは発生しますが、それを払ってもおつりがついてくるくらいのメリットは得ることができるでしょう。

 

さて、4つのランクに分けてフランチャイズ本部の規模について紹介しましたが、手堅く成功を収めたいのであればランク(大)(特大)を迷わず選んでください。

 

otama
otama

ランク(中)(小)にも、当たれば大きい等のメリットはありますが、ここで敢えてリスクをとる必要はないですね。

 

加盟店舗数の伸び

ここ数年で加盟店舗数がどれくらい伸びているかの情報はしっかりと押さえておきましょう。

 

otama
otama

撤退数は少なければ少ないほど◎、加盟数が多ければ多いほど◎です。

 

伸び率が低いフランチャイズ本部は注意して下さい。

 

とはいえ、大手フランチャイズ本部にも加盟店数が減っている企業もありますので、その理由を本部との面談時には必ず確認するようにしましょう。

 

加盟店の実績

立地や店舗規模によって自分がイメージしている収支と乖離がある可能性もあります。

 

 

otama
otama

平均値をもって確認するのも良いですが、加えて自分が開店するであろう地域に近かったり、モデルとなり得る店舗の実績を確認できると尚良しです。

 

初期費用の回収期間

開業にかかる初期費用は、どれだけ遅くとも3年以内には回収できなければ事業としては厳しいでしょう。

 

otama
otama

最低でも他加盟店が平均どれくらいの期間で回収しているのかは確認しておきましょう。

 

単月黒字化までの期間

初期投資の回収や事業を軌道をのせるためには、起業してから遅くても半年以内には黒字化が図れないと厳しいです。

 

otama
otama

これもひとまずは平均値を事前情報として把握しておくことと、可能であれば自分が開店するであろう地域でモデルとなり得る店舗があれば、数値の開示を本部担当者へ依頼してみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで綿密に調査ができれば、選ぶべきフランチャイズ本部はもう数先くらいには絞れてくるはずです。

 

次のステップとしては、実際にフランチャイズ本部の担当と会って話をしてみるといいでしょう。

 

otama
otama

情報収集により出てきた疑問・質問の回答を求め、加盟店面談も依頼してみましょう。

 

ここで遠慮してしまうと、せっかくの事前準備が無駄になってしまいます。

 

対等なビジネスパートナーとして今後も付き合っていく本部には、しっかりと自身の思いや考えをアウトプットしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました