スポンサーリンク

【徹底解剖】フランチャイズのロイヤリティの金額は高い?安い?

スポンサーリンク


スポンサーリンク

今回は、ロイヤリティについて説明をしていきます。

 

otama
otama

金額の決め方は?相場は?気になる事業のロイヤリティはいくら?といった疑問を1つずつ解決していきますね。

 

 

スポンサーリンク

ロイヤリティとは

ロイヤリティとはフランチャイズ契約において、加盟店からフランチャイズ本部へ定期的に支払われる対価のことです。

 

加盟店はその見返りとして、フランチャイズ本部から、商標ブランドの使用権や経営ノウハウ等を得ることができます。

 

フランチャイズ契約のイメージ図↓

 

フランチャイズ契約について詳しく知りたい方は↓の記事も一緒にどうぞ。

 

フランチャイズ本部から受けられるメリット(権利・特典)についてはこちらをどうぞ↓

スポンサーリンク

ロイヤリティの形態

ロイヤリティの金額を算出するための方式は色々あります。

 

代表的な方式と、その特徴について解説していきます。

 

定額方式

otama
otama

毎月〇万円というように、毎月支払う金額が一定なのが<定額方式>です。

 

最も単純で多くのフランチャイズ本部が採用している方式ですね。

 

相  場

毎月数万円~10万円程度が最も多い。

 

特  徴

◎毎月の支払いが同額なため、出費が把握しやすい。

◎事業利益が増えても支払いは同額なため、儲けが自身に反映されやすい。

✖利益が出ていなくても、支払う金額は変わらない。

 

otama
otama

いかなる時でも同額のロイヤリティを支払うのはリスクもありますが、経営が上手くいっている時の見返りは最も大きいため、魅力的ではあります。

 

売上比例方式

otama
otama

売上金額の〇%をロイヤリティとして支払う方式です。毎月の売上高に応じて支払額が変動します。

 

定額方式に次いで多く採用されている方式です。

 

相  場

毎月売上の数%~10%程度が最も多い。

 

特  徴

◎売上が少ない月は支払額が少なくなるため、リスクを抑えることができる。

✖売上の増加に比例して支払額も増加するため、儲けが出にくい。

 

otama
otama

定額法式と比べると安全性を重視した方式ですね。

 

利益分配方式

otama
otama

粗利益(売上高ー原価)の〇%をロイヤリティとして支払う方式です。毎月の粗利益に応じて支払額が変動します。

 

この方式はコンビニエンスストアで多く採用されている方式です。

 

相  場

毎月粗利益の30%~70%程度と幅が広く、粗利益の金額によって変動する形態が多い。

 

特  徴

◎利益が少ない月は支払いが少なくなるため、リスクを抑えることができる。

✖利益の増加に比例して支払額も増加するため、儲けが出にくい。

(大手コンビニの中には一定の粗利益を超えると急激にロイヤリティが下がるシステムもあります。)

 

otama
otama

売上比例方式と形態は似ていますが、事業の業況によって大きな違いがでてきます。

 

注目すべきは、粗利率(粗利益÷売上高×100)が高いか低いかです。

 

 

otama
otama

どういうことなのか↓の図表で解説します。

 

月間売上が同額で粗利率が違う加盟店3社のロイヤリティ金額を比較します。

 

 

図表から分かるのは、最も粗利率の高いA社は、売上比率方式の方がロイヤリティが安く、次いで粗利率の高いB社は、逆に利益分配方式の方が10万円安くなります。

 

そして、最も粗利率の低いC社は、利益分配方式の方が20万円安くなります。

 

つまり、粗利率の高い業種では売上比率方式が有利となり、粗利率が低い業種では利益分配方式が有利となるということです。

 

otama
otama

気になる業種の粗利率とロイヤリティの形態がミスマッチになっていないか注意しましょう。

スポンサーリンク

ロイヤリティの金額を調べるには

1番手取り早いのは、フランチャイズ本部から資料を取り寄せる方法です。

 

というより、その方法以外は情報の信憑性に欠けるためオススメしません。

 

なお、ロイヤリティについて資料で確認すべきポイントは以下のとおり↓

1.ロイヤリティの形態
otama
otama

今回解説した定額方式、売上比例方式、利益分配方式のどれに該当するのかを確認しましょう。

 

2.ビジネスモデル
otama
otama

その事業が、売上や利益がどれくらい確保できるビジネスなのかを把握し、ロイヤリティの形態と合っているかを確認しましょう。

 

3.ロイヤリティ以外の支払い
otama
otama

フランチャイズ本部の中には、ロイヤリティという項目ではないが、研修費や広告販促費等の名目で定期的な支払いがあるケースが存在するので注意しましょう。

 

資料にはロイヤリティに関することはもちろん、他様々な独立開業に必要な情報が網羅されています。

 

otama
otama

フランチャイズ比較サイト【BMフランチャイズ】からでしたら、資料の請求はすべて無料となります。

 


どれだけ請求しても資料だけなら無料ですので、気になる企業、業種、予算、開業スタイル等々ありましたら、気兼ねなく申し込んでみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました