スポンサーリンク

経験者が教えるマラソンシューズの選び方とおすすめ5メーカー!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

初心者から上級者まで!マラソンシューズ購入のポイント!

 

 

スポンサーリンク

はじめに

マラソンをするうえで、最も大切なアイテムはもちろんシューズです。

 

シューズ選びは、それ1つであなたのマラソンライフが大きく変わるといっても過言ではありません!

 

では、シューズを選ぶ際に何を気を付ければいいのか?

 

1つずつポイントを掘り下げて解説していきます!

スポンサーリンク

①サイズを合わせる

マラソンシューズメーカーは国内から海外まで様々な企業であり、当然、メーカーによって主となる顧客が違うため、私達日本人に全てのメーカーが統一のサイズ感では作っていません。

 

さらに、足の長さ、太さ、形によってもベストなシューズは違ってきますので、ランナーの方は自身の足への理解を深め、各メーカーの型の特徴を掴みシューズを選ぶようにしましょう!

 

サイズ選びのポイントとして絶対に押さえておくべき事項は ⇓

①足長(踵からつま先までの長さ)と足囲

 

②足型(エジプト型、ギリシャ型、スクエア型)

 

この2点ではないでしょうか。

 

この2点を手っ取り早く解決する方法は、気になるシューズがあれば、一度専門店へ行ってみて試履きをしてみる!その際、店員に足型測定をしてもらえれば、尚ベスト!

 

これ以上に確かな方法はありませんね(笑)

 

ただ、それはちょっと手間だな~といった方のために、マラソンシューズのサイズの選び方について紹介します。

足長と足囲

シューズのサイズの大方は自分の足長(踵からつま先までの長さ)と足囲を正確に把握し、それに合わせることで決定します。

 

サイズの測り方はこちらのサイトに詳しく載っていますので参考にして下さい!

正しいシューズサイズの測り方-RUNNETショップ
正しいシューズサイズのはかり方

 

足長であれば、上記サイトのサイズ表より実寸のMax値+1.5㎝が靴の㎝サイズとなります。

 

例)実寸236mmの場合

 

サイズ表<235mm~240mm>⇒Max値240mm⇒25.5㎝

 

足囲であれば、6㎝刻みでE⇒2E⇒3E⇒4Eとシューズ幅が広くなっていきますので、サイズの間に実寸がある場合は、数値の近いサイズで選べばOKです。

 

例)シューズサイズ26㎝、足囲実寸253mmの場合

 

E=249mm 2E=255mm ⇒ 適正サイズ2E

 

なお、日本人は2Eサイズが最も多いと言われています。

足型

さらに、シューズのサイズは足長と足囲だけでは不十分です。

 

自身の足型をしっかりと把握することで、更にあなたにピッタリのシューズを見つけることができます。

 

足の形は大きく分けて3種類あります。

 

自分の足の指を見てみて下さい。

 

どの指が一番長いですか?

 

足の指の長さによって、足の形を分類することができます。

 

1.親指が最も長い型(エジプト型)

日本人の約60%~80%の型がこの形だと言われています。

 

足先が広めのシューズが特にフィットします。

 

おすすめメーカー

アシックス、ミズノ、ニューバランス

 

2.人差し指が最も長い形(ギリシャ型)

エジプト型についで多い形です。

 

近年、若者を中心に急増しており、日本の環境が欧米に近くなったからではないかと言われています。(若くないですが管理人もギリシャ型です)

 

エジプト型に比べると足先が狭めのシューズでも選択肢として入ってきます。

 

おすすめメーカー

アディダス、ナイキ

 

3.全ての指が同じ長さ(スクエア型)

日本人の数パーセントにみられる非常に珍しい形です。

 

多くの日本人は、エジプト型かギリシャ型に分類されますが、高齢の方に稀に見られます。

 

他の型に比べて、足先と踵の幅差が少なく、メーカーも流石にスクエア型に合わせたシューズを量販はしていないため、この型の方は専門店での試履きをおすすめします。

スポンサーリンク

②目標に合わせる

目標によってシューズに求められる機能は大きく違います。

 

マラソンへ出場するといっても、1人1人目標は様々です。

 

完走を目標とされている方とサブ4、サブ3を目指す方では、当然シューズに求める要素が違ってきます。

初心者のシューズ選択

マラソン完走を目指すマラソンビギナーの方は、特にクッション性機能が充実したシューズを選択してください。

 

クッション材を多めに使っているシューズは、重量はありますが、完走を目的としているのであれば、シューズの軽量性は後回しで問題ありません。

 

それよりも、何十キロという長い距離を走ることによる負荷を可能な限り軽減する「衝撃吸収性」に優れた、クッション材をふんだんに使ったシューズを選ぶことをおすすめします。

 

 

中級者のシューズ選択

ハーフでサブ2(2時間以内)、フルでサブ5(5時間以内)付近を目指すマラソン中級者ランナーの方は、足を守るクッション性に加えシューズの軽量化によるスピード機能にも意識を向ける必要が出てきます。

 

完走目標からステップアップし、タイムを伸ばすことを考えれば、足への負担軽減にシューズ機能全てのウェイトを置いていては目標達成は難しくなります。

 

ですので、ューズの「軽量性」や「クッション性」、「反発力」に特化したといった偏った機能では無く、マラソンに必要な機能をバランス良く備えているシューズを選ぶようにしましょう!

 

上級者のシューズ選択

ハーフでサブ1.5(1時間半以内)、フルでサブ4(4時間以内)、サブ3(3時間以内)を目指すランナーのあなたは、更にスピード機能への意識を高めて下さい。

 

当然、このレベルまで来ている方であれば、走るための筋力は十分に備わっていますので、初心者、中級者の方と比べても足への負荷に対して強くなっています。

 

そうなれば、レースを最後まで走り切るために必要なクッション性は維持しつつも、より軽量性にウエイトをおいたシューズを選択してみましょう。

 

<注意>

サブ3とサブ4を上級者という同じセクションで括ってはいますが、全くの別次元です。

重量だけではシューズの機能を完全に分けることはできませんが、

 

サブ4⇒シューズ重量200g前後

中級者おすすめシューズより軽量でスピード機能を重視しつつも、最後までペースを維持し走り切ることのできるクッション性を備えたタイプのシューズがおすすめです。

 

サブ3⇒シューズ重量150g~200g

ソールが厚くても軽い例外的なシューズもありますが、基本的には初心者、中級者へおすすめするシューズに比べソールの薄い軽量化に特化したレーシングタイプのシューズをおすすめします。

スポンサーリンク

③好きなメーカーで選ぶ

サイズと目標があたなに合致しているマラソンシューズであれば、ゴールは目の前です!

 

どのメーカーもマラソンを走るためのシューズ機能を企業の威信を賭けて全力で提供してくれています。

 

あとはデザインだったり価格だったり、最終的には好きなメーカーを選ぶという選択でOKです!

 

とはいえ、メーカーによって機能に特徴はありますので、管理人がおすすめする5つのメーカーの厳選マラソンシューズを下記リンクで紹介していますので、是非ご覧ください!

おすすめメーカー①アディダス

人気メーカー【アディダス】のマラソンシューズの特徴と、おすすめシューズをランナーの目標別に紹介します!

おすすめメーカー②ナイキ

人気メーカー【ナイキ】のマラソンシューズの特徴と、おすすめシューズをランナーの目標別に紹介します!

おすすめメーカー③アシックス

人気メーカー【アシックス】のマラソンシューズの特徴と、おすすめシューズをランナーの目標別に紹介します!

おすすめメーカー④ミズノ

人気メーカー【ミズノ】のマラソンシューズの特徴と、おすすめシューズをランナーの目標別に紹介します!

おすすめメーカー⑤ニューバランス

人気メーカー【ニューバランス】のマラソンシューズの特徴と、おすすめシューズをランナーの目標別に紹介します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました