スポンサーリンク

喫煙者に吉報!?次世代タバコのマラソン能力への影響を徹底解剖!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

マラソンを走る=喫煙✖の方程式は絶対なのか?喫煙者が気になる次世代タバコの可能性を徹底解剖!

マラソンへの喫煙による影響はあるのか?

 

100人にこの質問を投げれば、満場一致で悪影響があると皆さん答えるでしょう(笑)

 

数年前までは、タバコといえば紙巻タバコ。

 

たしかに、この紙巻タバコは、、、厳しいと思います。

 

私も3年前まで紙巻タバコの愛用者でしたが、やはりマラソンのような長時間の運動となるスポーツですと肺が苦しくなり、あ~やっぱりタバコは止めないとマラソンは無理かな。。と実感しました。

 

喫煙者の皆さんごめんなさい(汗

 

紙巻タバコは、さすがにマラソンへ及ぼす悪影響は大きいです・・

 

では、今ちまたで大流行中の次世代タバコ、いわゆる加熱式タバコはどうでしょうか?

 

この記事では、タバコの何がマラソンをするうえで悪影響を及ぼすのか、そして次世代タバコではそのリスクをどの程度担保できているのかをご紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

タバコの影響とは

マラソンへのタバコの影響、それは心肺機能へ及ぼすタバコからの影響のことです。

 

タバコの3大有害成分と言われる、ニコチン、タール、一酸化炭素。

 

それぞれの影響はこちら⇓

 

ニコチン

血管を収縮させる作用があり、血圧、心拍数も上昇するため、血管に強い負担がかかります。

 

更に、依存性が強く、喫煙が止められないのは、このニコチンの影響が大きいです。

 

タール

タバコの煙の粒子の総称で「ヤニ」とも呼ばれます。

 

発がん作用があり、肺に直接ダメージを与えます。(タールを吸い続けた肺は黒く変色します。)

 

一酸化炭素 

酸素の200~250倍の結合能でヘモグロビンと結合し、血液の酸素運搬機能が阻害され、組織の酸素欠乏を引き起こします。

 

う~ん、どれもマラソン能力を下げるには十分すぎる影響がありそうですね(汗

 

紙巻タバコでは、基本的にはこのような害は100%受ける形になりますので、可能であれば止めるという選択が正解な気がします。

 

では、次世代タバコでは、この影響がどこまで抑えることができているのか、実体験も交えて紹介していきます。

スポンサーリンク

次世代タバコ

有名どころで「アイコス」「グロー」「プルームテック」等のような、タバコ葉を燃やさずに加熱することで蒸気を発生させ吸引するタイプのタバコです。

 

この次世代タバコのポイントとしては、

 

燃やすことで出る煙が発生しないため、タールが従来の紙巻タバコの9割以下!

 

同じく物を燃やすことで発生する一酸化炭素も従来のタバコと比べ大幅に減少!

 

この2点に尽きます。

 

ニコチンについては従来の紙巻タバコとほぼ同量の摂取となってしまうことが確認されていますが、タバコ三大有害成分のうち2つが大幅に軽減されているのは非常に大きい効果ではないでしょうか。

スポンサーリンク

アイコス(実体験)

管理人は、現在進行形でアイコス愛煙者ランナーです。

 

3年程前までは紙巻タバコ10年以上のスモーカーであり、マラソンへの影響を考え禁煙も考えましたが、結局上手くいかず、次世代タバコの「アイコス」に賭けて移行しました(汗

 

ただこの選択が思いのほか当たりで、紙巻タバコからアイコスに移行して最も感じたのは。。

 

息が上がらない!呼吸のスムーズさが紙巻タバコ時代とは比較にならない!

 

紙巻タバコ時代に初めて走ったハーフマラソンで1時間58分で完走しましたが、そこから練習は真面目に取り組んでいたものの、3年間は大幅なタイム短縮はできず、1時間45分前後でうろちょろ。。。フルマラソンもサブ4の壁を破れる気配はなく、若干頭打ち状態でした・・・

 

紙巻タバコが原因かなと思いつつ、アイコスへと移行しましたが、加熱式タバコもタバコである以上、そこまでの変化はないだろうと半ばあきらめていたのですが、効果はテキメン!

 

よほど、タールによる肺への負担、一酸化炭素による酸素の供給機能の低下等、マラソン機能へ影響が大きかったのでしょう(汗

 

タイムはアイコスに代えてからの3年間でハーフ1:23:50、フル3:20:45までタイムは伸びています。

 

あくまで私個人の1結果だけですので、一般的に確実に変化があると言い切ることはできませんが、ここまでタイムが伸びてしまうと、個人的にはアイコスへ移行した効果は絶大であったとしか思えません。

 

もちろん、タールも一酸化炭素も完全にカットできたわけではなく、ニコチンも紙巻タバコとほぼ変わらない量となっているため、喫煙しない方と比べればハンデにはなり得るのですが、

 

喫煙がどうしても止めれらないが、マラソンをやりたい!速くなりたい!という方にとっては、この加熱式タバコは1つの大きな可能性と言えるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

VAPEへの可能性

こちらも次世代タバコの1つです。

 

VAPEとは、先ほど紹介したアイコスのような加熱式タバコとは違い、電子タバコと言われるものです。(ニコチンもタールも含まれていないため、タバコと呼ぶべきではないかも)

 

タバコ葉による煙、蒸気の代わりにリキッドと呼ばれる液体を水蒸気化させて、それを吸い味と香りを楽しむという仕組みになっています。

 

さて、ここでこのVAPEを紹介するということは、、、

 

そうです。私のスモーカー人生も遂に最終ステップを迎えようとしています(笑)

 

アイコスにより、喫煙によるハンデは8割~9割程度は削減されたと個人的には満足しているのですが、最終目標であるフルマラソンサブ3を達成するためには、ハンデを全て解消するしかないと思っています。

 

そして辿り着いた答えがVAPE(ニコチン・タール・一酸化炭素完全排除の電子タバコ)への移行です。

 

VAPEの中でもおすすめしたいのが、現在、福岡、東京、大阪のコンビニや全国の専門店、ネットショップ等で大々的に販売を開始した「マイブルー(myblu)」。

 

知人に吸っている人がおり、ここ1週間程度お借りして試しに吸っているのですが(知人は複数保持者)、なんと、、1週間禁煙できています!

 

使い勝手もよく、リキッドの入ったポッドを本体にカチッとはめて、後は吸うだけ。

 

リキッドポッドは1つで300吸いでき、(従来タバコの1.5箱分)ポッド2つで920円ですので、コスパもかなり良い感じです!

 

リキッドの味は現在10種類ありますが、私個人的には「ストロングメンソール」をオススメします。

 

ガツンとしたメンソールにより、しっかりと吸いごたえがあり、高い満足感を得ることができています。

 

過去の禁煙では、最長5日間、最短8時間という絶望的に意思の弱かった私が、既に1週間ニコチンの魔力へ対抗できているのです。(これは買いだと思い、この記事を書く前日に注文しました(笑))

 

現在、禁煙1週間。明日以降にmyマイブルーを手にするため、期間的にはっきりと効果を立証できていはいませんが、タール、一酸化炭素のマラソンへの影響は実体験していますので、それが0になり、更に血管収縮作用のあるニコチンが無くなるとなれば、大きな効果が期待できそうです!

 

2月、3月にハーフマラソンを何レースか走る予定ですので、そこの結果も踏まえて追記でVAPEの効果のほどを実験していき、皆さんにも報告していきますので楽しみにしていてください!

 

4月21日追記)

マイブルーへ移行して3ヵ月、禁煙は・・・

 

継続しております!

 

その間全リキッドを試してみましたが、結果、当初からオススメしていたストロングメンソールに落ち着きました。

 

喫煙時代もKOOLを愛煙していたので、ガツンとくるメンソール感で吸いごたえを求めている方には引き続きおすすめですよ!

 

3ヵ月経過でニコチン依存からは大方脱却できました。(飲み会でもマイブルーで余裕

 

お財布的にも、これまで月15箱(2日で1箱ペース)で7,500円かかっていましたが、マイブルーなら月5箱(10リキッド)で4,600円と節約もバッチリです!

 

浮いた資金で練習用シューズを購入したい!(笑)

 

 

追記)2019.07.07
おすすめVAPE(電子タバコ)<myblu(マイブルー>について紹介した記事を書きました。興味ありましたら合わせて読んでみて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました