スポンサーリンク

【ニューバランス】おすすめマラソンシューズ厳選5点!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

ニューバランスのおすすめマラソンシューズを目標別に紹介!

 

 

マラソンシューズの選び方、他メーカーはこちら!

スポンサーリンク

【ニューバランス】マラソンシューズの特徴

アメリカ発祥の大手シューズメーカーで、日本でのマラソンシューズの販売はニューバランスジャパンが行っています。

 

最近では「現代の名工」の一人でもある靴職人の三村仁司さんがニューバランスの専属アドバイザーに就任したことでも大きな話題を呼びました!

 

そんなニューバランスの売り・特徴は1つのシリーズに集約されていると言っても過言ではありません。

 

そのシリーズというのが<HANZO>シリーズです!

 

<HANZO>シリーズは、元箱根駅伝の山の神で現プロランナーの神野大地さんが愛用しており、先ほど紹介した靴職人の三村仁司さんとのコラボも実現したことで、大変注目を集めています。

 

もともと、ニューバランスのマラソンシューズの企業戦略として、全てのランナーに対応できるシューズラインナップを作り上げる目的のもと、当初はボトムアップ戦略と銘打ち「初心者」~「中級者」レベルのシューズに特に力を入れていました。

 

しかし、逆に言えばマラソン上級者に合うシューズが、なかなか出来ていなかったということでもあり、マラソン大会でも、上級者でニューバランスを履いている方はそう見かけることはありません。

 

そんな中で現状を打開すべく登場した<HANZO>シリーズですが、ニューバランスジャパンとアメリカ本社チームとの共同開発で誕生したこのシリーズは、企画スタートから3年以上の月日をかけてじっくりと練りこまれてきました。

 

日本人ランナーの足型、走り方を調べ尽くし、徹底的に日本人にフィットするシューズをコンセプトに作り上げられています。

<HANZO>シリーズ

New Balance HANZO

出典:https://www.newbalance.co.jp

さて、このHANZOシリーズ。その代表的な構造はというと~

 

<DYNARIDE(ダイナライド)>

アウトソール素材として新素材<DYNARIDE>を採用しています。

 

プラスチックベースに特殊なラバーを張り付けた形状となっており、プラスチックベースとしたことにより大きな反発性を、マキビシのような尖った形をしたラバーにより地面(アスファルト)に対し、より強力なグリップ力を得ています。

 

<RAPIDREBOUND(ラピッドリバウンド)>

<REVLITE(レブライト)>

ミッドソールに採用されているテクノロジー。

 

日本人の中足部から前足部に負荷が大きくかかるという特徴を踏まえ、ニューバランスの素材の中で最も反発弾性が高い<RAPIDREBOUND(ラピッドリバウンド)>と、最も軽量性に優れクッション性も備えた<REVLITE(レブライト)>の2つの素材を組み合わせることで抜群の反発力とクッション性に加え軽量性をも兼ね備えています。

 

<T BEAM(Tビーム)>

<Medialpost(メディアルポスト)>

<STABILITYWEB(スタビリティウェブ)>

 

<TBEAM>は、TPU素材(熱可塑性ポリウレタン)を前足部と踵部を結ぶアーチ部に搭載することで、足が本来持っている安定性を損なうことなく、踵から爪先までの自然な足の動きを確実にサポートする構造。

 

<Medialpost>は、踵部内側を同じくTPU素材(熱可塑性ポリウレタン)で補強し、ミッドソール硬度を高めることで、内側への過度な倒れ込みを未然に防いでおり走りの安定性が格段に向上します。

 

<STABILITYWEB>は、同じくTPU素材(熱可塑性ポリウレタン)でアーチ部を補強。アーチ部の捻れや伸びを制御するとともに、戻ろうとするチカラをサポートしてくれます。

 

この合計6つの代表的なテクノロジーにより、<HANZOシリーズ>は、軽量性、反発弾性、クッション性、グリップ力、安定性とマラソンレースでシューズに求められる全ての機能を有すことに成功しているのです!

 

では、ここからは、あなたの目標に応じた適正<ニューバランス>マラソンシューズを順にご紹介していきます!

スポンサーリンク

ハーフマラソン・フルマラソン完走/初心者向け

NB HANZO U(重量285g)
【スコア:各10満点】
クッション性10
スピード機能
価    格
HANZOシリーズの初心者向けシューズです。
ニューバランス史上最も売れているマラソンシューズ「1040」がHANZOシリーズとして登場!
踵からつま先までふんだんに<RAPIDREBOUND>と<REVLITE>が使われており、長距離でも足への負担を大幅に軽減しつつ、少ない力で前へと進む推進力を確保します。
M1040(重量285g)
【スコア:各10満点】
クッション性10
スピード機能
価    格
唯一HANZOシリーズ以外からのおすすめ紹介となります。
初心者から中級者用マラソンシューズに定評があるニューバランス史上最も売れているシューズです。
クッション性、反発性、フィット性、安定性、耐久性と初心者ランナーに必要なシューズ要件が全て高水準で満たされており、人気があるのも納得の一品です。
スポンサーリンク

ハーフマラソン:サブ2(2時間以内)、フルマラソン:サブ5(5時間以内)/中級者向け

NB HANZO C(重量230g)
【スコア:各10満点】
クッション性
スピード機能
価    格
フルマラソンサブ5からサブ4に挑戦するまでの多くのランナーへおすすめの一品。
もともとソールが薄めのタイプのシューズとして世に出ていたHANZOシリーズですが、このCはソールは厚めです。
ミッドソールの踵とつま先部分の高低差を無くすことにより、自然と足への負担の少ない走りへとランナーを導きます。クッション性はかなり高いとみていいかと思います。
しかも、ここまでミッドソールを厚めに使用して、230gの重量とはニューバランスの技術力の高さを物語っていますね。
スポンサーリンク

ハーフマラソン:サブ1.5(1時間半以内)、フルマラソン:サブ3~サブ4(3時間切り~4時間以内)/上級者向け

NB HANZO R(重量195g)
【スコア:各10満点】
クッション性
スピード機能
価    格
HANZOシリーズ、フルマラソンサブ4~サブ3までのランナーへおすすめのシューズです!
実は、HANZOシリーズの中で一番気になっているのがこのシューズです。
というのも管理人が次買う予定のシューズです(笑)
私は比較的全ての機能がバランス良く備わっているタイプが好みなんですが、このシューズはまさにそれなんですよね。
先ほど紹介した<HANZOシリーズ>テクノロジーにより、軽量性、反発弾性、クッション性、グリップ力、安定性と全ての要素が高くバランスが良いの非常に魅力的です。
NB HANZO S(重量180g)
【スコア:各10満点】
クッション性
スピード機能10
価    格
HANZOシリーズ最軽量のレーシングタイプシューズですね!
このシューズも先ほどのRと同様にマラソンに必要な要素がバランス良く備わっているタイプなんですが、若干ソールが薄めの形状になっており、軽量性に重きを置いています。
サブ3を目指すランナーの方は、スピードへの意識が初心者、中級者ランナーに比べ高いと思いますし、地面をしっかり掴み、弾むようなスピード感を感じるには最高の1品です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました